当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

©川島逸郎 Itsuro Kawashima

Profile

川島逸郎

1969年 神奈川県川崎市生まれ。

生物画家。標本画や資料画を中心とした描画は独学。自然科学に裏付けられ、資料性の高い画を制作するために、自らも研究活動を行う。

横須賀市自然・人文博物館研究員(1999−2000年度)、神奈川県立生命の星・地球博物館 学芸員(2012年度・非常勤・昆虫担当)、川崎市青少年科学館(かわさき宙(そら)と緑の科学館) 自然担当係長(技術職員・学芸員)(2014−2017年度 任期満了)を経る。

川崎市社会教育委員会議 青少年科学館専門部会委員(評価委員)

日本トンボ学会(編集委員)・日本昆虫分類学会・日本蜂類同好会・神奈川昆虫談話会各会員。

略歴

 2012年度 神奈川県立生命の星 地球博物館学芸員

 2014~2017年度 川崎市青少年科学館 学芸員

 現在 日本トンボ学会(編集委員)、日本昆虫分類学会、神奈川昆虫談話会 日本蜂類同好会会員

受賞

 2012年 神奈川県教育委員会職員功績賞(教育長表彰)

 2017年 日本の美術 全国選抜作家展 審査員特別賞

 2018年 日本の自然を描く展 入選

 生物、特に昆虫を中心に、科学的な根拠にも裏付けられた資料画、標本画の制作を行う

 また、こうした製作を行うにあたり、自らも研究活動を継続し、

 原著論文や報告・記録は340編以上にのぼる(2019年5月現在)

 著書・挿画など関連書籍は80冊以上(2019年5月現在)

主な単行書籍・図録その他

・NATURE-PAL いきもの探検大図鑑.小学館, 東京 (1998).(挿画・昆虫生態写真)

・わたしの昆虫記2〜6(矢島 稔 著).偕成社, 東京 (2000−2008).(カバー表裏・挿画)

・バイオディバーシティ・シリーズ 5−7.裳華房, 東京 (1999−2008).(挿画)

・三浦半島 自然と人文の世界.横須賀市自然・人文博物館(編)かなしん出版, 横浜 (2000).(分担執筆・昆虫生態写真)

・文春新書 蝶を育てるアリ わが昆虫フィールドノート(矢島 稔 著).文藝春秋社, 東京 (2002).(挿画)

・小学館の図鑑・NEO 昆虫(小池啓一 監修).小学館, 東京 (2002).(挿画・生態写真)

・NHKライブラリー 謎とき昆虫ノート(矢島 稔 著). NHK出版, 東京 (2003).(挿画)

・神奈川昆虫誌 I(神奈川昆虫談話会 編). 神奈川昆虫談話会, 小田原 (2004).(部分共著)

・神奈川県レッドデータ生物調査報告書2006(高桑正敏・勝山輝男・木場英久 編).

 神奈川県立生命の星・地球博物館, 小田原 (2006).(部分共著)

・Leschen, R., R. G. Beutel & J. F. Lawrence (eds.), Handbook of Zoology. Vol. IV. Arthropoda, Insecta.

 Part 38. Coleoptera Vol. 2, 786 pp.,330 figs., Walter de Gruyter GmbH & Co., KG, Berlin/ New York (2010).(2章の共著・挿画・写真)

・改訂 トンボの調べ方(日本環境動物昆虫学会 編/ 井上 清・宮武頼夫 監修), 文教出版, 大阪 (2010).(1章の共著・挿画)

・ネイチャーガイド 日本のトンボ(尾園 暁・川島逸郎・二橋 亮 著).文一総合出版, 東京 (2012).

 (企画・共著(担当:図版・解説・生態写真))* 一般社団法人 日本図書館協会 「選定図書(第2822回 平成24年7月18日, 選定No. 47)」.

・神奈川県立生命の星・地球博物館2012年度特別展「大空の覇者 大トンボ展」 展示解説書「大空の覇者 トンボ」.

   神奈川県立生命の星・地球博物館, 小田原 (2012).(企画・編集・分担執筆・図版・生態写真)

・「もしも?」の図鑑. もしもカブトムシと相撲を取ったら!?. 実業之日本社, 東京 (2014).(監修・分担執筆)

・レッドデータブック2014. -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 5. 昆虫類 (環境省 編). ぎょうせい, 東京 (2015).(分担執筆)

・完訳ファーブル昆虫記 第9巻下〜10巻下(ジャン=アンリ・ファーブル 著/ 奥本大三郎 訳). 集英社, 東京 (2015−2017).(挿画)

・神奈川県立生命の星・地球博物館2015年度特別展 展示解説書(折原貴道 編)「生き物を描く サイエンスのための細密描画」.

   神奈川県立生命の星・地球博物館, 小田原 (2015).(4編の執筆(内3編共著)・挿画)

・神奈川県昆虫誌2018(神奈川昆虫談話会 編). 神奈川昆虫談話会, 小田原.(部分(トンボ目)共著)

・「ヤゴハンドブック(尾園 暁・川島逸郎・二橋 亮 著)」(2019). 文一総合出版, 東京.(解説・挿画・写真)

・「身近なアリけんさくブック(吉澤樹理 著・川島逸郎 画)」(2019). 仮説社, 東京.(挿画・協力)

・「へんしんするむしたち」 月刊かがくのとも2019年4月号折込付録. 福音館書店, 東京.(作・画担当)

・その他 学術雑誌での挿図・標本画担当多数. 

主な学術論文・報告・記録

・Kawashima, Itsuro, Hirobumi Suzuki & Masataka Satô, 2003.  A check-list of Japanese fireflies

 (Coleoptera, Lampyridae and Rhagophthalmidae). Japanese Journal of Systematic Entomology, 9: 241–261.

・Kawashima, Itsuro, Fumiyasu Satou & Masataka Satô, 2005.  The lampyrid Genus Drilaster (Coleoptera, Lampyridae, Ototretinae)       from the Ryukyu Archipelago, southwest Japan. Japanese Journal of Systematic Entomology, 11(2): 225–262.

・川島逸郎, 2006b. 春の谷戸で生き物調査をスタート. 鎌倉市立山崎小学校六年生の総合から. 食農教育, (49): 42–47.

・苅部治紀・川島逸郎・岸 一弘, 2006. トンボ目. pp. 314–322, 神奈川県レッドデータブック生物調査報告書 2006.

   高桑正敏・勝山輝男・木場英久(共編), 442 pp., 神奈川県立生命の星・地球博物館, 小田原.

・鈴木邦雄・川島逸郎, 2007.「奈良坂源一郎 蟲魚図譜」に描かれた昆虫類. 名古屋大学博物館報告, (22): 211–247.

・Kawashima, Itsuro, John. F. Lawrence & Marc Branham, 2010a.  Family Rhagophthalmidae. pp. 135–140, figs.

   1a–k. In: Leschen, R., R. G. Beutel & J. F. Lawrence (eds.), Handbook of Zoology. Vol. IV. Arthropoda, Insecta. Part 38. 

   Coleoptera Vol. 2., 786 pp., 330 figs., Walter de Gruyter GmbH & Co., KG, Berlin/ New York.

・Lawrence, John. F., Itsuro Kawashima & Marc Branham, 2010b.  Elateriformia Incertae Sedis.

   pp. 162–177, fig. 6. In: Leschen, R., R. G. Beutel & J. F. Lawrence (eds.), Handbook of Zoology. Vol. IV. Arthropoda, I

   nsecta. Part 38. Coleoptera Vol. 2., 786 pp., 330 figs., Walter de Gruyter GmbH & Co., KG, Berlin/ New York.

・渡辺庸子・二橋 亮・川島逸郎, 2010. 4-1. トンボの卵巣・卵・発生・若齢幼虫. pp. 106–118, In: 日本環境動物昆虫学会(編),

   改訂 トンボの調べ方. 339 pp., 文教出版, 大阪.

・川島逸郎, 2010c. 標本画 ~その伝えるものとは~. 自然科学のとびら, 16(4): 28–29.

・川島逸郎, 2012h. 海辺に生きるハチたちのくらし. 自然科学のとびら, 18: 20–21.

・苅部治紀・川島逸郎, 2014. 奥村定一昆虫コレクション –古い標本が語ってくれること–. 自然科学のとびら, 20(1): 4–5.

・川島逸郎・渡辺恭平, 2015. 昆虫を描く ~昆虫学における標本画の意義とその技法~. pp. 15–22. In: 折原貴道(編),

   神奈川県立生命の星・地球博物館 2015年度特別展 展示解説書 「生き物を描く ~サイエンスにおける細密描画~」118 pp., 

   神奈川県立生命の星・地球博物館, 小田原.

・川島逸郎, 2015b. 昆虫を描いて, 四十年. pp. 82–86. In: 折原貴道(編), 神奈川県立生命の星・地球博物館 2015年度特別展 展示解説書

 「生き物を描く ~サイエンスにおける細密描画~」118 pp., 神奈川県立生命の星・地球博物館, 小田原.

・Kawashima, Itsuro, 2017f. Larval morphology of the lampyrine species, Lucidina accensa Gorham

   (Coleoptera: Lampyridae: Lampyrinae) from Honshû, Japan. Japanese Journal of Systematic Entomology, 23(1): 129–134.

・堀内慈恵・川島逸郎・永井一雄・高梨沙織, 2018.川崎市青少年科学館における収蔵標本保管体制の進展

   〜維管束植物標本配列へのAPGIII分類体系導入を中心に〜. 川崎市青少年科学館紀要, (28): 5–7.

・川島逸郎・渡辺恭平・堀内慈恵・高梨沙織, 2018. 川崎市青少年科学館所蔵細腰亜目(昆虫綱:膜翅(ハチ)目)標本目録.

   川崎市青少年科学館紀要, (28): 82–118.

・Kawashima, Itsuro, 2018b. Larval morphology of two lucioline species,

   Curtos costipennis (Gorham) and C. okinawanus Matsumura (Coleoptera, Lampyridae, Luciolinae) from the Ryûkyû Islands,                 southwestern Japan. Japanese Journal of Systematic Entomology, 24(1): 127–137.

書籍論著以外の主な社会活動等(展示を含む)

2004. The Natural History Museum(英国自然史博物館, London, UK)(昆虫標本画・生態画の寄贈・収蔵)

2004. 國立自然科學博物館(台湾)・佐藤正孝教授昆蟲標本捐贈展(特別展)(ポスター・絵葉書等, 一部図版提供)

2004. 農林水産省野菜・茶業研究所(静岡県榛原郡)(茶業害虫の標本画制作担当)

2007. 豊田ホタルの里ミュージアム・平成19年度 春季企画展 「「点と線」のホタル ~川島逸郎細密画展~」(ホタル類標本画・細密画個展)

2007. ギャラリー & ティーサロン Nagomi(神奈川県三浦市)「ミクロ・ワールドへのいざない ~生物画家 川島逸郎 昆虫細密画展~」

        (川島逸郎昆虫標本画・細密画個展)

2007. 里山ギャラリー「ノア」(埼玉県寄居町)「ミクロ・ワールドへのいざない ~生物画家 川島逸郎 昆虫細密画展~」

       (川島逸郎昆虫標本画・細密画個展)

2010. 環境省ヒアリ予防パンフレット「STOP THE FIRE ANT ストップ・ザ・ヒアリ 危険な外来昆虫「ヒアリ」による被害を防ぐために」.

          環境省自然環境局・(財)自然環境研究センター, 東京.(図版制作担当)

2010. 環境省 外来生物法 特定外来生物同定支援マニュアル(クモ・サソリ類・昆虫類).環境省・(財)自然環境研究センター, 東京.

       (図版制作担当)http://www.env.go.jp/nature/intro/4document/manual/index.html

2010. 神奈川県立生命の星・地球博物館 ミニ企画展示 「川島逸郎 ~標本画の世界~」(生物標本画・細密画展示)

2011. 伊丹市昆虫館 「プチ展示 川島逸郎昆虫細密画展」(昆虫標本画・細密画展示)

2012. 神奈川県立生命の星・地球博物館特別展「大空の覇者 –大トンボ展–」(2012)

        (展示担当(ポスターおよびチラシの図案制作, トンボ関連描画の展示・図録作成その他を含む))

2012. 2012 International Congress of Odonatology(国際トンボ学会議)(神奈川県立生命の星・地球博物館, 小田原)

        (ポスター・Tシャツ・グッズ図案担当)

2012.「昆虫大学」(TRANS ARTS TOKYO)(東京電機大学旧校舎(東京都文京区))・(昆虫画10点出展)

2014.(独)科学技術振興機構発行「Science Window 2012 10–12(秋号)」(昆虫画2点提供)

2015. 神奈川県立生命の星・地球博物館特別展「生き物を描く サイエンスのための細密描画」(2015)

        (生物画の展示/ 協力・特別展解説書の執筆および挿画・生態写真その他の提供)

2016. 第52回 日本節足動物発生学会大会(湘南国際村, 横須賀市)(6月10日–11日, 一般参加/ 標本画・昆虫生態写真各数点等の展示)

2016. 第22回 日本の美術 全国選抜作家展(上野の森美術館, 東京)出展,(2017年2月18–21日, 学術用標本画1点の展示)

2017. 第22回 日本の美術 受賞作家展(銀座洋協ホール, 東京)出展(5月10–14日, 学術用標本画1点の展示)

2017. 川島逸郎写真展 「昆虫の生きざまを切り取る」(川崎市青少年科学館(かわさき宙(そら)と緑の科学館),

          8月1–31日, 昆虫生態写真50点の展示)

2017. 川島逸郎写真展 「昆虫の生きざまを切り取る」(生田緑地東口ビジターセンター/ 11月16–12月20日, 昆虫生態写真50点の展示)

2018.  神奈川県立生命の星・地球博物館ミニ企画展「「里蜂 -さとばち-」古民家とハチはともだち」

         (2017年1月11日–2018年4月8日, ハチ目生態写真提供・展示協力)

2018.  川崎市立日本民家園企画展「民家の暮らしと生きもの」内「「里蜂 -さとばち-」古民家とハチはともだち

        (神奈川県立生命の星・地球博物館ミニ企画展巡回)」(2018年7月1日–2018年11月25日, ハチ目生態写真提供・展示協力)

2018. 第31回 日本の自然を描く展(上野の森美術館, 東京)出展,(2018年8月24−28日, 学術用標本画1点の展示)

2019. おもしろ!ザ・アリワールド 第5回「アリ図鑑の製作に携わってくれた人びと」吉澤樹理著. たのしい授業 2019 年 3 月(488)号,

          仮説社, 東京.(標本画 2 点の掲載)
2019. 日本甲虫学会誌「Elytra, New Series」Vol. 9(表紙図版( Metapocyrtus colonnelli)提供)
2019. 川崎市民アカデミー主催講座 川崎の自然 II 2019 年前期「海岸に生息する昆虫について」

        (川崎市生涯学習プラザ, 川崎市中原区, 5 月 14 日)/「和田長浜海岸の岩礁域と砂浜に生息する昆虫観察」

        (神奈川県横須賀市長井・三浦市入江 和田長浜海岸), 5 月 21日, 観察会講師)
2019. 川崎市民アカデミー主催講座 川崎の自然 II 2019 年後期「科学館の舞台裏(前編)」

       (川崎市青少年科学館, 川崎市多摩区, 10 月 1 日, 講座および施設見学講師)/「科学館の舞台裏(後編)」

       (川崎市生涯学習プラザ, 川崎市中原区, 10 月 8 日, 講座)

全著作・業績目録(2019年度版pdf, DL可)

unnamed.jpg